ベイキッズマガジン

シャーロックホームズ ベイキッズマガジン
ベイキッズマガジン

2017.summer VOL.25

子どもと一緒を楽しもう地産地消に出会える場所

これ一品で一日に必要な野菜が摂れる、名物「ど根性サラダ」950円。

地産地消の食材などを買える・食べられる場所、料理を学べるスポットを紹介します。

横浜港大さん橋マルシェ
海風が気持ちいい日本初の岸壁市場。 家族みんなで美味しいものを見つけに行こう!

海風を感じる会場。岸壁は広いのでベビーカーでも通行できます。

海風を感じる会場。岸壁は広いのでベビーカーでも通行できます。

「横浜から日本のいいものを発信したい。横浜から日本が笑顔になると良い。」という想いで始まり、普段は入れないエプロン(岸壁)を会場にしたマルシェ。5月の開催では106の生産者が出店し、約3万5,000人が訪れました。生産者と直接話をしてお気に入りを見つけたり、目の前に海を眺めながら食事もできます。神奈川の漁港から揚がる魚の展示などもあり、子どもと一緒に楽しめます。






■住所 中区海岸通1-1-4 ☎045-227-0820 (平日10:00~17:00 横浜港大さん橋マルシェ実行委員会)
■HP https://osanbashi.jp
■交通 みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分 横浜市営地下鉄/JR「関内駅」下車徒歩約15分
■時間 11:00~16:00 ■料金 入場無料

歩いて探すのが楽しい。出品は食材には限らない。環境や地産地消を理念とした出品者が多い。

歩いて探すのが楽しい。出品は食材には限らない。環境や地産地消を理念とした出品者が多い。










大ど根性ホルモン
農林水産省認定「地産地消の仕事人」のお店 横浜野菜の魅力がギュッとつまったお料理が人気
これ一品で一日に必要な野菜が摂れる、名物「ど根性サラダ」950円。

これ一品で一日に必要な野菜が摂れる、名物「ど根性サラダ」950円。

店名は「ホルモン」だけれど、一番の売りはオーナーシェフの椿さんが毎日生産者の畑をまわって仕入れる横浜野菜。 「ジャガイモのチヂミ」「小松菜丼」などそのとき旬の野菜が 主役の料理に野菜嫌いのはずのわが子もモリモリパクパク。 山本さんのトマト、永島さんのしいたけなど生産者も紹介するメニューや畑での種まきから商品への加工までを体験できる「大ど根性ファーム」の企画など、横浜の地産地消に詳しくなれる、子連れウェルカムのお店です。



■住所 西区北幸2-13-4 横浜平成ビルB1F ☎045-320-3077
■HP https://www.facebook.com/dokonjouhorumon/ ■交通 横浜駅西口より徒歩8分
■開館時間 昼の部 11:30~15:00(L.O.14:30)/ランチは土祝休 夜の部 17:00~24:00
■定休日 日曜日 ■席数60席 お座敷あり

奥のお座敷には絵本もあり、子連れにもやさしい

奥のお座敷には絵本もあり、子連れにもやさしい


いずみの駅近くに、姉妹店「ど根性キッチン」(泉区和泉町 6214-1 ☎045-410-8466)も昨年オープン。こちらはいずみ野を中心とした地産地消にこだわっています!









GREEN BONDS CAFE yokohama
“地元食材”を季節の花や緑と共に楽しめるオアシス。

横浜ビール×サカタのタネのコラボレーションカフェ

横浜ビール×サカタのタネのコラボレーションカフェ


「サカタのタネガーデンセンター横浜」に併設している花いっぱいのカフェ。サカタのタネが開発した野菜や、横浜産醤油や卵を使った地元横浜ならではのメニューが楽しめます。 またコーヒーはウエシマコーヒー横浜工場直送の豆に、横浜の水源「道志村」のおいしい水で淹れるというこだわり。 子どもが好きそうなメニューも多く、ベビーカーでも入店可 能。店内には屋根付きのテラス席もあり、季節の緑を楽しみながら開放的に過ごせそう。




■住所 神奈川区桐畑2 サカタのタネ「ガーデンセンター横浜」内 1F ☎045-321-1808
■HP
■交通 京浜急行「神奈川駅」徒歩5分 東急東横線「反町駅」徒歩5分。各線「横浜」駅より徒歩15分。
■駐車場 120台 ■開館時間 10:00~18:30 ■定休日 月による。(7・8月は水曜日)

花に囲まれたテラス席。 サカタのタネ品種王様トマトを使った「王様トマトカレー」

花に囲まれたテラス席。
サカタのタネ品種王様トマトを使った「王様トマトカレー」














JA横浜 「クッキングサロン ハマッ子」
横浜野菜を使った料理にチャレンジ!
駅近で利便性のよいクッキングサロン。貸出しもしています。

駅近で利便性のよいクッキングサロン。貸出しもしています。


横浜産の新鮮・おいしい農畜産物を使って、地産地消をテーマとした講座を開催しているJA横浜の料理教室。野菜ソムリエや横浜の有名シェフ、農家のお母さんを講師に教わる横浜食材の料理教室など、毎月平日に6~8回程度開催しています。単発で申し込みができるので気軽に参加できるのが嬉しい!「子どもの野菜嫌いに困ってます」という方、子どもが学校や園に行っている間に野菜をおいしく食べる料理を学んでみてはいかが?



■住所 都筑区中川中央1-26-6 JA横浜都筑中川支店3F
■HP https://ja-cookingsalon.jp/
■交通 市営地下鉄「センター北駅」徒歩1分 ■料金 各料理教室による(1,500~3,000円程度)
■問合せ先 JA横浜 きた総合センター 地域ふれあい課 ☎045-942-2312 9:00~16:00(土・日・祝日・年末年始を除く)
時間をかけずにできる野菜たっぷりメニューの例

時間をかけずにできる野菜たっぷりメニューの例

保育の様子

保育の様子














◎JA横浜では保育付きの料理教室も開催!
今年度は2018年2月6日にクッキングサロンハマッ子にて、3月1日にみなみ総合センターにて開催決定。
募集開始は2月1日から。詳細はJA横浜HP(http://ja-yokohama.or.jp/)、JA横浜直売所のチラシをご覧下さい。

ベイ★キッズめ~るでもお知らせするよ!











TOPに戻る