ベイキッズマガジン

シャーロックホームズ ベイキッズマガジン
ベイキッズマガジン

2018.Summer VOL.029

特集2はじめてのファミリーキャンプのコツ

小さい子供連れでのキャンプ、ハードルが高そうだけど、今は様々な形態の施設や設備があるので大丈夫。
トライするときに役立つポイントを先輩ママに聞きました。

POINT.1  距離と設備にはこだわろう!

l移動距離が子どもにとって負担でないかどうかは重要なポイント。急に病気になったとき、子どもが場に馴染めず夜泣きしたときなど、臨機応変に家に帰れる距離かをまず考えて。
次に施設ですが、バンガローやコテージもあり、食堂・売店・レンタル設備が充実しているキャンプ場から始めるのが〇。初キャンプで雨に降られ浸水し「二度と行きたくない!」と言われてしまうとツラいので、最初はバンガローに泊まるのもおすすめです。また、お風呂やシャワーがあるかどうかも大事。子どもは大人以上に汗かきで、その匂いに虫も寄りやすいので、皮膚をクリーンにすることが大切です。

POINT.2 ネットの情報チェックだけでなく電話で必ず確認を!

キャンプ場によって集うキャンパーの性格も異なります。年配キャンパーばかりの中で、子どもが迷惑をかけないか気疲れしてしまったり、学生キャンパーの隣で朝まで騒がれ眠れなかったなどどいうことがないように、ファミリーが多いキャンプ場を選びましょう。ファミリー向けが多いかはネットでチェックするだけでなく、直接キャンプ場に電話で聞くのがベター。
それ以外にもこちらが「小さな子連れであること」や「静かな場所が良い」とか「トイレが近いところが良い」など、希望を伝えることもしましょう。全部かなえられるとは限りませんが、あらかじめ確認し交渉しておいた方が、行ってから「こんなはずでは・・」と後悔せずにすみます。

POINT.3 無理せず楽しむ方法あれこれ

ついついキャンプというと方に力が入ってしまいますが、最初は「なんちゃって」でいいのです。テントの設営しなくてもいいキャンプ場もありますし、食材機材も現地で調達できるところも増えてきました。行く途中に買ったパンを炭火で焼くなど既製品に少し手を加えるだけでも、自然の中で食べれば格別な味わいに。
また、子どもが同年代の先輩キャンパーと一緒に行くというのもおすすめ。色々なことを教われるし、設営や食事の準備、子どもの相手などを手分けできてあれもこれもしなきゃと思わずに済み、心に余裕ができます。
子どもと一緒に自然の中で時を過ごすのがキャンプ一番の醍醐味。親も楽しみましょう♪

初心者ファミリーのおすすめのキャンプ場

◎長井海の手公園 ソレイユの丘 オートキャンプ場

三浦半島にある農と海をテーマにした総合レジャーパーク「ソレイユの丘」内に2017年3月に新たにオープンしたキャンプ場。ガスバーナーのコンロ台や燻製が作れるスモークタワーなどのレンタル用品も充実!キャンプ場そばから海岸にも下りられるので、磯遊び、BBQを楽しみ、露天風呂に入り、星を見ながら眠った翌日は朝から思いっきり遊ぶ、なんて欲張りなこともできます。食材から道具まで揃った「手ぶらでBBQ」、バンガロー泊などサービスも充実しているので、電車&バスで行くのも可能ですよ!

デッキ付きのオートサイト(5,500円~)もあり

■住所 横須賀市長井4丁目地内 ☎046-857-2500
■HP http://www.seibu-la.co.jp/soleil/
■交通 三浦縦貫道路「林」出入口より国道134号線を南に4km、約10分/京浜急行線「三崎口」駅より京急バス「ソレイユの丘」行 約15分
■利用期間 3~11月
■利用料金 バンガロー9,000円~、フリーサイト3,000円~、「手ぶらでBBQ」2,500円/人 詳しくはHPを参照
■予約 インターネットにて90日前の午前0時から3日前の午前0時まで受付
※他にも相模湖のプレジャーフォレストや青葉区のこどもの国の中にもキャンプ場があります。

 

◎青根キャンプ場

本格的なキャンプ場の中では比較的横浜から車のアクセスが良く、川遊びもできる自然豊かなキャンプ場。トイレにはすべて温水式洗浄便座を導入。テントサイトは当日受付ですが、バンガローなら事前予約可能。ロフト&エアコン付きの新しいバンガローは人気が高いので予約はお早めに。キャンプファイヤーやニジマスのつかみ取り体験ができたり、隣に温泉施設や食堂があったりと、初心者ファミリーでも安心して楽しむことができます。(注:大雨等で川の水位が上がった時は川遊びは禁止になります。)

■住所 神奈川県相模原市緑区青根807 ☎042-787-1380

新型のバンガロー(E型)は10頭に増設

■HP http://aonecamp.jp
■交通 圏央道「相模原I.C」から20分
■利用期間 年中無休(年末年始・臨時休業日は除く)
■利用料金 入場料 760円/大人・540円/小人、駐車場料1,100円~、バンガロー(新型6畳)10,000円他 詳しくはHPを参照
■予約(バンガロー) 電話にて随時受付(8:00~17:00)
※さらに道志みち(国道413号線)をさかのぼったところにある、神之川キャンプ場や「パパと遊ぼう」コーナーで紹介する道志村キャンプ場もおすすめです♪

TOPに戻る