ベイキッズマガジン

シャーロックホームズ ベイキッズマガジン
ベイキッズマガジン

2017.spring VOL.024

特集2シングルファーザー生活実態インタビュー調査

single

シングルファーザー への支援は充分とは言えず、調査されていないのが実態です。川崎市 男女共同参画センターは市内に住むシングルファーザー30人にインタビュー調査を実施し、去年報告書にまとめました。離別・死別、親族と同居か、子どもの年齢や人数、就労状況など、その状況はさまざま。シングルファーザーへの公的支援の存在自体も知られていないのが実態です。*2010年から児童扶養手当の支給対象が父子家庭にも拡大。
調査からは、役職を降りるなど長時間勤務を避けるために収入減となる経済的状況や、「相談すること」に抵抗があり自己解決志向が高い傾向など、多様なシングルファーザーの実態と支援への模索がうかがえます。
この調査が行われたのは、余命わずかなある女性からの相談がきっかけでした。自分の死後の夫と子どもの生活を心配し、「ひとり親の父親」の当事者グループはあるのか、と川崎市の男女共同参画センターに照会があったそうです。当時は市内どころか県内に該当する団体はなく、充分な情報提供が出来たといえないとの課題感が調査への原動力 になりました。


シングルファーザー生活実態インタビュー調査報告書
連絡先 川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)
☎044-813-0808 FAX 044-813-0864
川崎市内の図書館にも配架。希望者には郵送も可能。ご相談ください。 横浜市内ではフォーラム南太田などで閲覧できます。

TOPに戻る