ベイキッズマガジン

シャーロックホームズ ベイキッズマガジン
ベイキッズマガジン

2019.Spring VOL.032

特集2はじめての自転車選び

かつては「三輪車⇒補助輪付き幼児自転車⇒補助輪なし自転車」という順番が定番でしたが今は異なるようです。今どきの子どもの自転車事情とその選び方について聞きました。

子どもの自転車の種類

子どもの身長とタイヤサイズから見た子どもの自転車の種類をまとめました。

◆自転車の種類◆
①トレーニングバイク
ペダルがなく、足で地面を蹴って進むことでバランス感覚が養える乗り物。
【目安】2歳~5歳程度、身長80cm~
②キッズサイクル
12~18型で初めての自転車にも最適。補助輪の付いているモデルが多く、かじとりの付いているモデルもあり。
【目安】2歳~8歳程度、身長80cm~125cm
③ジュニアサイクル
20~24型で補助輪が取れた小学生くらいから選びたい自転車。
【目安】5歳~11歳、身長110~154cm

今の流行りは「トレーニングバイク」からスタート

ディーバイクキックスV(ベイビーピンク)。ブレーキやスタンドが付いていて本格的。


最近、小さい子がペダルのない足けり自転車に乗っているのをよく見かけますね。ペダルやギアのないトレーニングバイクは、おおよそ2歳くらいから乗れるものが多いので、かつての三輪車代わりに人気があります。サドルにまたがり、足で地面を蹴って進むことでバランス感覚が養えるため、トレーニングバイクで練習しておくと、補助輪なしでいきなり自転車に乗れるようになる子も多いとか。※公道での走行は禁止されています。

練習の仕方で選ぶ「はじめての自転車」

いよいよ自転車を選ぶ時、補助輪なしの自転車にすぐ挑戦する場合(例えばトレーニングにバイクに乗っていた子ども)、両足がペタッとしっかり地面に着くサイズの自転車を選んでください。補助輪のある自転車で練習をはじめる場合は両足のかかとが少し浮くくらいのサイズでも大丈夫です。また、今ではペダルの取り外しが簡単にできて、トレーニングバイクのように足蹴りの練習をして、慣れたらペダルを取り付けてそのまま補助輪なしの自転車として練習できるという自転車もあります。

ディーバイクマスター16(レッド)

工具なしでペダルを着脱可能

◆お話をうかがった方

イオンバイク東神奈川店 西ヶ谷一樹さん
「実際に乗って選ぶことが大事なのでお子さんと一緒に来てくださいね。」
■住所:神奈川区富家町1 イオン東神奈川店3階 045-286-0570
※写真提供:アイデス株式会社

TOPに戻る