ベイキッズマガジン

シャーロックホームズ ベイキッズマガジン
ベイキッズマガジン

2016.Autumn VOL.022

特集2地域への一歩って、なんだろう?

「地域活動」って、正直言ってよくわからない・・・でもその「地域への一歩」の中には、私たちの未来を耕す大切な何かがあるはず?!ベイキッズ世代の率直な意見を「みなとくらす*」のメンバーに答えてもらいました。

みなとくらす
ベイ★キッズをきっかけに、まちを取材したり、調べたり、つながりを作っていくために集まったママリポーターたち。今号から スタートし今号の取材に関わったメンバーもいます。
(カッコ内の年齢は子ども)

◎どう思う?地域参加

●子どもが産まれてから、関わりがぐんと増えた!
●ハードルが高い

●災害時の助け合いや防犯という点からも近所の人と顔見知りになっておきたい!(なおこ:西区/4歳)
●この先暮らす土地だし、必要
●近所に挨拶できる人が増えると楽しいな

実家とのギャップあるある
・実家ではおかずのやりとりや子どもの預かり合いなど日常茶飯事でした。これからどのような感じになっていくのか、楽しみであり心配でもあり、、、(さちこ・中区/2歳半)

・町内会活動が活発で、みんなが顔見知りという地方出身です。地域参加の必要性は感じるのに今の自分にはできていない!もどかしいです

<地域参加への課題>


●新参者には高い壁の印象
●どうやって参加したら良いかわからない
●わたし自身がまだ受動的


●子どものいる生活の私が役に立つのかな? どのくらい参加できるのか…でも、興味はあります! (しおり・中区/3歳)

<解決するには?>


●地域に顔見知りができたら踏み出しやすくなる
●情報の仕入れ方を知りたい!

●一つ糸口を見つければ、次々見つかる気がする
●外に出て人と交流を持つだけでも地域参加になるのでは
● 『子どもは地域とつながるパスポート』(みどり・保土ヶ谷区/1歳 4歳)
●子どもをきっかけに地域参加してみると、仲間・情報が増え、より豊かな暮らしになり、地域活性化にも繋がる(じゅり・神奈川区/1歳8か月)
●同世代のママ同士のつながりから、世代や性別を広げてもっと幅広くつながっていけば、子育てしやすいまちになっていく

取材を通して思ったこと

◎地域と私たち、お互いが必要としているとわかった
◎子育てで視野が狭くなっていたので新鮮な気持ち
◎子育てしながら取材・執筆活動は貴重な体験
◎社会的意義を感じ情熱を持って活動する人々に出会え刺激になった(のりこ・中区/3歳)
◎ベイキッズがだれかの活動を後押しするターニングポイントになったら良いな~(れい・西区/4歳)
◎子育て以外で自分のパワーを使いたい!という仲間たちに刺激を受けています(ちえ・中区/0歳 3歳)
◎(取材先に)また行ってみたい


<先輩ママからアドバイス>
・地域活動は大事だけど、頑張りすぎないことも肝心。負担が重いと感じるときは周りに相談を
・地域に顔見知りが増えると安心感が増しますよ、勇気を持って参加してみて

TOPに戻る